昨日CAのインフラエンジニアの方とランチをして、すごく有意義な時間を過ごせた。

CAの仕事は半年弱受けていたが、その時に知り合いになった方ではなく、偶然twitterのフォロー/フォロワーだったのでこれを機会にランチでもしましょうと以前から決めていて、それを昨日実行してそこで初めて対面した。

その人のツイートはいつも技術系の話題ばかりだったので、会う前はナードな感じの人かと想像していたが、実際に会うと朗らかでありながら礼儀正しく、私服であっても、奇抜さやだらし無さもなくて、とても紳士的な印象だった。

実際に話した感想は「CAにこんな人がいるのかぁ」といった感じだった。

僕が今までに知り合ったCAの若手エンジニアが持っている「技術に関するどん欲さ」と、エンジニアとしてのキャリアの長さを感じさせる「仕事に対する冷徹さ」を併せ持ってる様な人で、単なる世間話以上の有意義な話ができた。

「初心を保ちながら経験を活かす」「目の前のタスクに夢中になりつつ、客観的に仕事を俯瞰する」こういう相反する事がバランスよくできれば、仕事で不安を覚える事も無いんだろうな。